生産率及び品質向上の為に設備の導入

おばんでーす。今季(1-3月)の米麹生産はハンパなかったです!月に6tもの米麹を作っても、2tもの予約待ちとなってしまいました!
お待ち頂いたお客様へはご不便をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。

来期の為に以前から計画していた、設備を導入しようと、現在工場を増改築しております

P1340803.jpg

左から浸漬タンク、中 蒸米器、右 蒸煮缶で、これをばらして輸送し弊社工場に運びます。また、麹室も1室増やし合計4部で製麹し、蒸米の生産率を上げて、月間8tに対応したく思います。

P1340820.jpg

  ⇑          ⇑  
味噌の蒸煮缶で、良質の大豆を安定した柔さで蒸煮出来る設備です。これにより生産率を上げ、さらなる品質向上を目指します
これからも、より良い製品を適正価格で販売させて頂きますので『 米沢おたまや 』を宜しくお願い致します。



麹と甘酒注文数が非常に多く、製造が間に合いません((+_+))

20170115_140013.jpg
こんにちはー!先週末からの大雪で工場と店舗がすごいことになっております。そして味噌作りの時期と言うこともあり、砕米麹の1週間のご注文数が1.5tを記録しました。現在、米麹、甘酒麹が欠品中となっており、お待ち頂いているお客様へはご迷惑をお掛け致しております。連日生産しておりますので、1月末ころには再販出来る事と存じます。

20170114_190636.jpg

生甘酒(白)は製造致しましたので、明日再販させて頂きます尚、乾燥米麹の再販は3月末~4月頃の再販となりそうです。何卒ご理解下さいませ。

■味噌を仕込まれるお客様へお願い! 1-2月中は各種 麹(こうじ)が品薄となり、製造作業も連日夜遅くまで続きます。
また、ご希望の製品も欠品の事も御座います。
現在では配合も変わり麹の歩合も高くなり、1年中味噌作りもお楽しみ頂けるようになりました。そのことで、材料購入の時期をずらして頂き、3-4月頃での仕込みでご協力頂けたら幸いです。(^^♪

20170114_190706.jpg

写真は昼間の看板、夜のライトアップ、夜の店舗入り口の3枚の画像です

おたまや本社の看板が新しくなりました!

kanban.jpg
先ずはお詫びから…前月にブログでも公表しましたが。この地(米沢)での赤米(紅ロマン)の生育が悪く、色が着きませんでした完全に失敗です。
この地、米沢の気候が悪いのかもしれません!表面の色は赤黒く良い感じでしたが…とほほ

気持ちを入れ替えて今日は待ちに待った、本店の看板が出来上がり、取り付けて貰いました!昼と夜の印象が変わる看板となります。

kanban_2.jpg

雲行きが怪しくなりましたが無事に設置完了!月曜日に電源を接続してライトオンします。順調に行けば夜の点灯したところを、おたまやface bookにアップしますね♪

kanban_3_1.jpg

一番のこだわりは『 おたまや 』のサインです。銅板に真鍮の箱文字で立体感を出しました。発注から設置まで約3ケ月も掛かりましたが最高の看板が出来上がりました。制作 マルケイ工芸社とその他設置工事に関わって頂いた方々に感謝です


赤米麹の原料 まもなく赤米 紅ロマンの収穫です!!

akamai.jpg
こんばんは~です!米沢もだいぶ涼しくなって、こうじの製造と出荷で忙しくなってきました。今年は味噌作りセットをさらに充実させてお客様のお越しをお待ち申し上げます。

今年の契約農家の手前が黒米(奥の紫)、奥が赤米(紅ロマン)です。今年から赤米麹(紅ロマン)も新たに販売致します。

akamai_1.jpg

驚く事に黒米よりも赤米の方が稲穂の段階では真っ黒でビックリでした!!

この原料で最高の赤米麹を製麹します

高校野球の夏大会も終わり・・・

高校野球選手権も終わり、ようやく落ち着きました。7月21日の決勝戦 うちの次男がいる山中×鶴東は激闘でした。4ー1で7回まで勝っていましたが8回に一挙5点を入れられて逆転され、そこから追いつき、応援しているほうもハラハラドキドキで生きた心地がしませんでした。
延長11回に決着 10‐8で鶴岡東が甲子園に出場となり、山形中央はあと1歩のところで涙をのみました

それから甲子園のTV中継も見る気力もなく。仕事も手に付かずって感じでした(-_-;)

ふと会社の脇の木場川を見ていたら。かわいい子連れの鴨がいました!少し元気になった気がします。
kamo.jpg

«  | HOME |  »

過去ログ
 | 2017年04月(1) | 
 | 2017年01月(1) | 
 | 2016年11月(1) | 
 | 2016年10月(1) | 
 | 2016年08月(1) | 
 | 2016年06月(1) | 
 | 2016年05月(1) | 
 | 2016年03月(1) | 
 | 2016年01月(2) | 
 | 2015年11月(1) | 
 | 2015年09月(1) | 
 | 2015年08月(1) | 
 | 2015年07月(1) | 
 | 2015年05月(1) | 
 | 2015年04月(1) | 
 | 2015年03月(1) | 
 | 2015年01月(1) | 
 | 2014年12月(1) | 
 | 2014年10月(1) | 
 | 2014年09月(1) | 
 | 2014年07月(1) | 
 | 2014年06月(1) | 
 | 2014年05月(1) | 
 | 2014年04月(1) | 
 | 2014年02月(1) | 
 | 2014年01月(1) | 
 | 2013年12月(1) | 
 | 2013年11月(1) | 
 | 2013年09月(2) | 
 | 2013年07月(2) | 
 | 2013年04月(1) | 
 | 2013年02月(1) | 
 | 2013年01月(1) | 
 | 2012年11月(1) | 
 | 2012年10月(1) | 
 | 2012年09月(1) | 
 | 2012年06月(1) | 
 | 2012年05月(1) | 
 | 2012年03月(1) | 
 | 2012年02月(1) | 
 | 2012年01月(1) | 
 | 2011年11月(1) | 
 | 2011年10月(1) | 
 | 2011年09月(1) | 
 | 2011年08月(2) | 
 | 2011年07月(1) | 
 | 2011年06月(1) | 
 | 2011年05月(1) | 
 | 2011年04月(1) | 
 | 2011年03月(2) | 
 | 2011年01月(2) | 
 | 2010年12月(2) | 
 | 2010年11月(1) | 
 | 2010年10月(2) | 
 | 2010年09月(1) | 
 | 2010年08月(1) | 
 | 2010年07月(1) | 
 | 2010年06月(2) | 
 | 2010年05月(1) | 
 | 2010年04月(1) | 
 | 2010年03月(1) | 
 | 2010年02月(1) | 
 | 2010年01月(1) | 
 | 2009年12月(1) | 
 | 2009年11月(1) | 
 | 2009年10月(1) | 
 | 2009年09月(1) | 
 | 2009年08月(1) | 
 | 2009年07月(2) | 
 | 2009年06月(1) | 
 | 2009年05月(1) | 
 | 2009年04月(1) | 
 | 2009年03月(1) | 
 | 2009年02月(1) | 
 | 2009年01月(1) | 
 | 2008年12月(1) | 
 | 2008年11月(1) | 
 | 2008年10月(1) | 
 | 2008年09月(1) | 
 | 2008年08月(1) | 
 | 2008年07月(1) | 
 | 2008年06月(1) | 
 | 2008年05月(1) | 
 | 2008年04月(1) | 
 | 2008年03月(1) | 
 | 2008年02月(2) | 
 | 2008年01月(1) | 
 | 2007年12月(1) | 
 | 2007年11月(1) | 
 | 2007年10月(1) | 
 | 2007年09月(2) | 
 | 2007年05月(1) | 
 | 2007年04月(1) | 
 | 2007年03月(1) | 
 | 2007年02月(2) | 
 | 2006年12月(1) | 
 | 2006年11月(1) | 
 | 2006年10月(1) | 
 | 2006年09月(2) | 
 | 2006年08月(1) | 
 | 2006年06月(4) | 
 | 2006年05月(7) | 
カテゴリー
お知らせ[125]